16時までのご注文で即日発送 ※定休日除く

Skip to product information
1 of 1

Bradshaws Beautiful Harmony Feedback

Bradshaws Beautiful Harmony Feedback

Regular price ¥4,400
Regular price Sale price ¥4,400
Sale Sold out
Tax included. Shipping calculated at checkout.
View full details

 

BJFEを主宰するBJがギタリストを務めるバンドが2022年11月12日にリリースしたLPです。


A-side
1. Best Friend
2. Don’t Say a Word
3. Plain Old Sanity
4. Down in a Hole
5. Vagabondage
6. Rerun

B-side
1. I ’m the Revolution
2. Calling Sheena
3. Fake A Smile
4. Sun and Rain
5. Sick of Being Me
6. Love Became a Habit


1970年代後半、まだ経験の無い若い多くのパンクバンドが結成されました。
それらのバンドは80年代初頭に淘汰され、より大きなステージに到達したバンドは少なくなりました。
その代わり、数コードだけで演奏されていたバンドはより高いスキルを身に付け、高度なスタイルで楽曲に取り組むようになりました。

80年代から90年代初頭、ガレージランド全体のグルーヴが国境を超えて融合しました。
様々なライブステージで多くのバンドが演奏しました。より大きなステージへの道はマネージャーやレコード会社を経由し、アーティストも独自のスタイルを作ることに熱心でした。

これは、70年代後半から16年ほどたった頃。様々なパンクバンドに所属していたメンバーがルーツに戻ったバンドの物語です。

94年の春、一時的にバンドを離れていた3人のミュージシャンが、伝説のレコードショップ、Pet Soundsで出会い、バンドの結成が決まりました。
ギター・ヴォーカル: Jan ”JP” Edin
ドラム:Magnus ”Manx/Mankan” Magnusson
ベース: ”Zeke”
新しいバンドの名前はShooting Dirty Pool。誰もルールにしたがってプレイするつもりはありませんでした。
最初のリハで、もうひとりギタリストが必要であると分かりました。

94年の秋、ManxはもうひとりのギタリストとしてBjörn ”BJ” Juhlを勧めました。1977年にPretty Vacantを聴いてギターを始めたBJは、当時Sex Pistolsトリビュートバンドで演奏していましたが、Beatlesのコードを演奏したとしてバンドをクビになっていました。

バンドはBJをオーディションし、完全な形になりました。JPのソングライティング、パワーコードとヴォーカル、BJのメロディとフィードバックギターの共生から生まれたスタイル。それらをとりもつManxのグルーヴは、まさに経験に裏打ちされたパンクです。
虚空に姿を消したZekeが、はるか南の森から現れたバイカー、Magnus ”Monster” Lindénに変わり、バンド名がBradshawsになりました。

1995年11月、Bradshawsは最初のギグを行いました。

1997年、多くのバンドがそうであるようにBradshawsにも内部闘争や問題が起こったため、BJはタイムカプセルとしてレコーディングを提案しました。当時ライブレコーディングができるスタジオはほとんどありませんでしたが、アルバム全体をギグのように録音し、テイクの書き換えやヴォーカルの再録、ギターの追加トラックなどを加えました。Fake a Smileのイントロではライブトラックに加えて40ms遅れた追加トラックが加わります。

97年秋、BradshawsはBJとJPを残して分裂し、現在、2022年までに数回のベーシスト・ドラマーを変えながら演奏を続けています。