About

BJFE




今や伝説のエフェクトビルダー、Bjorn Juhlの制作するエフェクトは、そのサウンドから多くのプレイヤーを驚かせてきました。
独自の回路から生み出されるそのサウンドはそれまでのエフェクターの概念を覆し、世界中から今も高く支持され続けています。


Bjorn Juhl(BJF)は、BJFEをスタートする前から自身のためのエフェクターを制作してきました。
BJFが初めてエレキギターを購入したとき、アンプを持っていなかったので、自宅にあったラジオをギターの音が出るように改造しました。
まだインターネットもなかった時代、ギター機材に関する情報は非常に少なく、BJFは当時のストックホルムで得られる情報をすべて集め、多くの人に会って様々な知識を得ました。
ストックホルムの老舗ミュージックストアではギターテックとして働き、多くのギターのフレットワークやセットアップを行いました。
その後、ファズやブースターが内蔵されたギターを購入しますが、その品質に満足できず、エフェクト部分を分解して様々な修正を行いました。

1981年に初めてギター用エフェクターを制作しました。
その後、地元北欧の世界的な楽器メーカーでベースアンプの開発を行いました。

1999年、BJFはアンプのリペアショップを始めます。そこではギターアンプからシンセサイザーまであらゆる種類の機材のリペアを行いました。他のショップでは修理不能とされた機器のリペアも行い、評判となります。
ストックホルムで行われたギターショウに3つのエフェクターを展示し、そのサウンドの良さがエフェクターを世界に販売するきっかけとなりました。

2000年、BJFはBJFEを設立します。BJFEはBJ Forstarkarelektronikの略称で、最初期に制作されたものにはこの文字を見ることができるものもあります。

 

 

CONCEPT


すべてオリジナル回路で設計されたペダルのサウンドは、クラシカルなトーンでも新しさを感じさせ、特に手元のコントロールに素早く応答し、独特の質感を持つサウンドはBJFEペダルならではの大きな特徴です。
圧倒的なトーンを持つペダルはすべて手作業で制作、塗装されます。そのため、すべてのペダルが世界に1台しか存在しないデザインとなります。

世界最高峰のペダルをお楽しみください。

 

 

ABOUT US


2008年にMad Professorの正規取扱をはじめたことが、BJFとLEP INTERNATIONALの関係の始まりでした。
当時Mad Professorのペダルの設計を行っていたBJFとは何度も連絡を取り合い、エフェクターに関する様々な技術や考え方など、さまざまなことを学びました。

2011年に米国にてBJF設計のペダルを制作するBearfoot Guitar Effectsが発足し、弊社は国内代理店として販売を行いました。
この時期、弊社オリジナルブランドのOne Controlではスイッチャーの開発を行っていました。Mad Professorの取扱以来多くの連絡を取り合う中、
バッファへの高い知見と熱い思いが印象に残り、One Controlでのバッファの開発ができないかと打診しました。

そして2012年、正式にOne ControlにBJFが加入することが決まります。
2013年にはBJFの設計でOne Control初のエフェクターGranith Grey Boosterを発売。それ以来、One Controlのエフェクター、スイッチャーのバッファ開発はBJFが設計を手掛けています。
2014年、BJFEペダル自体の取扱も開始し、少しずつ国内でも正規品として販売されはじめました。
2018年、Mad ProfessorとBearfootの取扱を終了し、BJFも両ブランドから離れることになり、現在BJFはBJFE、およびOne Controlにてエフェクターの開発を行っています。

LEP INTERNATIONALはBJFとの長年にわたるパートナーシップにより、日本はもとより世界でも唯一のBJFEペダルのディストリビューターとなっています。(2021年現在)

→History of LEP INTERNATIONAL